婚活美容

婚活でモテる美白肌になるための正しい日焼け対策

こんにちは、婚活アドバイザーのヨシオカアイです。

婚活当時、仕事で東南アジアへの出張が多かった私は年中こんがり肌でした。

冬でもバカンス帰りのように小麦色…
春先も夏を先取りして小麦色…

健康的でスポーティな印象を与える日焼け肌ですが、
婚活中の男性からの評価は低めだったように感じます。
今では笑い話ですが、街コンで出会った男性に
『手ぇ黒っ!!』
とネタにされたことも…。

夫と初めて出会った時もインドネシア出張からの帰りで真っ黒でした。
夫は何も言いませんでしたが、
『お見合い写真と全然違って黒いなwww』と思ったそうです。
初対面の印象が黒いって!!

やっぱり婚活で人気なのは白肌!
婚活パーティーでは、色白女性限定パーティーと銘打ったパーティーもあるほど。
色白の女性は男性をパーティーに集めるほどの人気者なんです。

この記事では、色白女性を好む男性の心理
色白美人になるための正しい日焼け対策をご紹介します。
この記事を読んで婚活で選ばれる色白美人になっちゃいましょう!

男性が色白女性を好むのはなぜ?

日本では色白は美人の条件のひとつ。
もちろん男性からも人気があります。
白いワンピースや白い洋服を着た女性も人気がありますよね。

では多くの男性が色白の女性を好むのはなぜなのでしょうか?

清楚さや純真さを感じられる

花嫁が着るウェディングドレスが白であるように、
白は清楚さ純真さ純潔などを表す色です。

男性はピュアな女性が大好きです。
少年漫画のヒロインって大体、すごいピュアな感じですよね。
白と言えばピュアを代表するカラーです。

白いうさぎや子猫、白クマの赤ちゃんなどを見ると
私たち女性でもピュアさを感じますね。

男性たちは色の白い女性や白い服の女性から
ピュアなオーラを感じ、ドキリとするのでしょう。

思わず触れたくなる透明感にに惹かれる

色の白い肌は透明感があって美しく見えますよね。
男性はその美しさに惹かれるだけでなく、
思わず触れたくなってしまったり、儚さを感じ守りたくなったりします。

男性の本能とも言える女性を守りたい!という気持ちを動かすことができれば
婚活もトントン拍子にうまくいきそうです!

肌がきれいに見える

色白は七難隠すという通り、色の白い肌は肌が美しく見えます。

男性は女性の肌をけっこうチェックしています。
そして、肌が美しい女性には、
『お手入れがきちんとしているから、生活もきちっとできていそう』とか、
『食生活もきちんとしていそう』なんて想像しています。

もしかしたら女性の肌を見て結婚後の生活や食生活を想像しているかもしれません!

色白美肌なら与えるイメージは100点!
やはり美白美肌に越したことはないのです。

ちなみに私のお見合い写真ですが、プロに撮ってもらったところ、
いい感じに画像編集ソフトで色白にしていただいていました!
そのままでは需要なかったのか…ぎゃんっ!!!…と思いつつ
色白にしてくださったプロの力に感謝!

美白対策は新たに焼けないことが一番!

美白対策というとできてしまったシミを消そうと頑張ったり、
すでに焼けてしまった肌を白くするケアを思い浮かべがちですが、
すでに負ってしまったダメージを回復させるのはとても難しいんです。

できてしまったシミやソバカスに美白美容液を塗ってもなかなか消えなかったり、
夏のこんがり日焼け肌が元に戻るのに時間がかかったりしますよね。

お肌のターンオーバーは約28日なので、
一度日焼けしてしまうと1ヶ月は元に戻りません。
また、一度紫外線の刺激を受けると3ヶ月はメラニン色素を作り続けるという話しもあります…。
お、恐ろしい!絶対に紫外線を浴びたくない〜!!

美白対策で一番重要なのは、新たに日焼けをしないこと。
肌を紫外線から徹底的に防御することが大切なんです。

防御こそが美しい肌への一番の近道。
今日から守る美白ケアを始めていきましょう!

日焼け対策は夏だけでいいの?

紫外線対策は日差しの強い夏だけすればオッケーと思っていませんか?
ですが、年間を通して紫外線が一番強いのはなんと5月なんです。

暑いしそろそろ日差しが強くなってきたな…
日焼け対策を始めようなんて言う頃にはすでに手遅れ!

強弱はあれ紫外線は一年中降り注いでいます。
紫外線の強さに合わせた日焼け止めを使い分けて一年中UVケアをしたいものです。


日焼け止めの基礎知識と選び方

日焼け止めのパッケージに書かれているSPFPAの文字。
正しい意味を理解して使っていますか?

SPFは、日焼けの原因となるUVBをどれくらい遮断できるがという目安になる数値です。

『SPF35』や『SPF50』といった数値に違いのある日焼け止めが店頭に並んでいますが、
これはわかりやすく言うと紫外線をブロックしてくれる持続時間の違いを表しているんです。

SPF1で約20分の日焼け止め効果があります。
SPF35なら、35×20分=700分(12時間程度)の日焼け止め効果があることが分かります。
半日経ったら塗り直さないと効果がなくなるんですね!

PAについては、シワやたるみの原因となる紫外線ダメージUVAを防ぐ効果を示した数値です。
+(プラス)の数が多ければ多いほど効果が高いです。

ですが、SPFやPAの値が高ければ高いほどいいというわけではありません。
なぜなら、肌への負担も大きくなってしまうからです。

紫外線の少ない季節ははSPF値やPA値の低い日焼け止めにして、
紫外線の多い季節は強いものを使うなど使い分けることが美肌対策には重要です。

私の場合、5月と7〜9月はSPF50、PA++++の日焼け止めを使い、
その他のシーズンはSPF25PA++の化粧下地を使っています。
その上にオールシーズンSPF40、PA+++のBBクリームとパウダーを重ねています。
SPF50の日焼け止め使用後はやはり肌への負担を感じるので、
その日どれくらい屋外で過ごすかや、
天気を見て最低限の使用に控えています。

日焼け止めの正しい塗り方

家を出る前にサッと塗っている日焼け止め。
果たして正しく効果を発揮できているのでしょうか?
塗り忘れや塗りむらがあるとうっかり焼けをしてしまうことも…。
なんとなく塗っていた日焼け止めも婚活している今はしっかり塗って美白美肌を守りたいですよね!

きちんとスキンケアしてから塗ろう

日焼け止めは乾燥した肌に塗るのはNG。
乾燥した肌は抵抗力が弱まっていることがあり、日焼け止めが刺激になってしまいます。
しっかり保湿して、お肌の状態を整えてから塗りましょう。

適量をぽんぽん叩くように塗って

日焼け止めは塗る箇所に合わせた適量をその都度出して使いましょう。
塗りすぎはベタつきの原因となるので、
日焼けしたくない気持ちが強くても塗りすぎないように!

適量を塗りムラのないように伸ばしましょう。
強くすりこむのは肌への刺激になります。
ぽんぽん叩くように塗るのがオススメの塗り方です。

ベースメイクの15分前、外出の20〜30分前に塗ろう

アメリカの皮膚科医によると、
日焼け止めが肌に落ち着くのには15分ほどかかるのだそう。
日焼け止めを塗ったら、
ベースメイクを始めるまでに15分ほど時間をおきましょう。

日焼け止めを塗ったら朝食を摂ってその後にメイク…
なんていう風にすれば効率がよいかもしれませんね。

次に、外出前に日焼け止めを塗るタイミングですが、
腕や首に外出直前に日焼け止めを塗る人もいますが、これもNG。

日焼け止めが肌に落ち着く前に紫外線にさらすと、
不安定な肌が反対に焼けやすくなる!という説があるんです。

必ず外出する20〜30分前に日焼け止め塗りタイムを設けてください。

2〜3時間おきに塗り直して

日焼け止めは汗で流れてしまったり、摩擦で落ちてしまうので、
2~3時間おきの塗り直しが必須。
化粧崩れが心配な方は、SPF効果のあるファンデーションを
2〜3時間おきに塗り直しするのもオススメです。

日焼け対策グッズ

日焼け対策は日焼け止めだけでなく、日焼け防止グッズを取り入れることで効果が高まります。

  • つばの広い帽子
    サンバイザーではいかにも!と言った感じですが、
  • つばの広い帽子ならかわいいデザインを選べばデートにもオッケーです。
  • 日傘
    帽子は脱いだ後髪の毛が乱れてしまうのが難点。
    汗も気になります。そんな方には日傘がオススメ。
    女性ならではの日傘に、女性らしさを感じる男性もいるでしょう。
    暑い日向に出た時にそっと日傘に入れてあげると優しさポイントもアップできますよ!
  • アームカバー
    腕や手は日焼けしやすいのでアームカバーぎあると安心です。
  • UV効果のあるカーディガン
    デートにアームカバーは…という方は、UV機能のついたカーディガンがオススメ。
    ユニクロでも販売されています。
  • 美白成分入り化粧水
    美白効果のある化粧品を使うことで、美白美肌を目指しましょう。
    私は資生堂のHAKUを使っていますが、かなりいいです!
    濃かったシミが薄くなり顔色も白肌に戻ることができました。

身体の中から日焼けを止めよう、日焼けに効く食べ物と栄養素

日焼けに効く特定の食べ物は実はありません。
ビタミン食物繊維の豊富な食事をバランスよく摂ることが重要です。
そこで、紫外線対策に重要な成分と含まれる食べ物をご紹介します。

  • ビタミンC
    シミの原因であるメラニンを還元させる作用を持っています。
    また、黒色メラニンの合成を抑えるのでシミが気になる方は積極的に摂取して。
    真皮層にあるコラーゲンの生成にも必要で、抗酸化作用も豊富です。
    多く含まれる食べ物は、パセリやブロッコリーなどの緑黄色野菜。
    レモンやイチゴなどの果物類。
  • ビタミンE
    抗酸化作用を持つ脂溶性のビタミンで、肉や魚と一緒に摂ると効果的。
    活性酸素から肌を守ります。
    多く含まれる食べ物は、
    かぼちゃ、アボカド 、アーモンドなどのナッツ類、
    オリーブ油など植物性オイル。
  • ビタミンA
    ビタミンE同様、抗酸化作用を持つ脂溶性ビタミンです。
    多く含まれる食べ物は、
    にんじんなどの緑黄色野菜、うなぎ、チーズ、レバー、卵。
  • Lシステイン
    メラニン色素が生まれるのを抑える働きがあります。
    肌のターンオーバーを促し、メラニンを排出します。
    多く含まれる食べ物は、赤身の肉類、卵、大豆。

最後に…

純粋でピュアなイメージやその透明感から男性に人気のある美白肌。

美白肌になるための一番の近道は新たに焼けないことだと分かりました。
紫外線対策をばっちりして、バランスの良い食生活を心がけ、
婚活で輝く美白肌を手に入れましょう。

いまからケアしておけば、いつか花嫁になったときに絶対に後悔しませんよ!

 

-婚活美容
-, , , ,

Copyright© 崖の上の婚活相談所 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.